好きな装丁ランキング50

☆対象・・・・・・俺の部屋にある本

第50位

『妖怪ガイドブック スタンプラリー台帳』

お母さんに名前を書いてもらったので思い入れがある。あえて ひらがなにしてもらったのは、童心を取り戻すため。

f:id:kmetpd:20231201164010j:image

 

第49位

さくらももこちびまる子ちゃん 13巻』

あまりにも背が高すぎる友蔵。しかし、まる子にとってはこのくらい大きな存在なのだ、ということなのかもしれない。

f:id:kmetpd:20231201164737j:image

第48位

三島由紀夫仮面の告白』 

言われないとわからないが、メロンソーダのデザイン。新潮文庫の期間限定。

f:id:kmetpd:20231201172554j:image

第47位

野坂昭如火垂るの墓

高畑勲監督のアニメ版『火垂るの墓』のワンシーンを切り取った表紙。ちなみにこの敬礼は、北村西望の『将軍の孫』をオマージュしているのではないか、という話である。人づてに聞いたのでよくわからない。

f:id:kmetpd:20231201172546j:image

第46位

小泉八雲集』

これ宍道湖に浮かぶ〈嫁ヶ島〉なんじゃないか?と推測している。

f:id:kmetpd:20231201172510j:image

第45位

根本敬『因果鉄道の旅』

タイトルから秀逸。

f:id:kmetpd:20231201172538j:image

第44位

手塚治虫ばるぼら』 

俺が勝手に、〈手塚治虫の赤盤・青盤〉と呼んでいる漫画。

f:id:kmetpd:20231201172851j:image

第43位

町田康『テースト・オブ・苦虫4』

なんかローリング・ストーンズのロゴみたい!と思って買った。これが町田康との出会い。

f:id:kmetpd:20231201172205j:image

第42位

奥田英明『イン・ザ・プール

これってもしかして、ニルヴァーナの『Nevermind』のパロディー?と、面白がって買った。

f:id:kmetpd:20231201172448j:image

第41位

南伸坊『笑う写真』

この表紙を見てまず頭に「?」が浮かぶ。写真にも「?」があり、白シャツの男性も「?」と思っていそうである。

f:id:kmetpd:20231201172244j:image

第40位

都築響一『TOKYO STYLE』 

自分を良く見せようという気が全くない、むき出しの部屋の写真。そこにビビットカラーのピンクで、タイトル 『TOKYO STYLE』ドンッ!カッコいい。

f:id:kmetpd:20231201164320j:image

第39位

芥川龍之介『トロッコ・一塊の土』

これを買った頃、ちょうど みうらじゅん町田康に影響されて 寺社仏閣に興味が湧いていた頃で、「これ持ち歩いたり教室で読んでたらかっこいいんじゃないか」と思ってた。

f:id:kmetpd:20231201172440j:image

第38位

町田康夫婦茶碗

これは単行本でも持っているんだけど、文庫のほうがいい。なぜかというと、『夫婦茶碗』の文字の周りをよく見てほしい。金色の細い線で茶碗の形が描かれている。これは文庫本だけのデザインなのだ!

f:id:kmetpd:20231201163539j:image

第37位

筒井康隆『最後の伝令』

実は漫画も描いていた筒井康隆。実に彼らしい、顔のパーツを大胆に省いた絵柄。

f:id:kmetpd:20231201173003j:image

第36位

赤川次郎『充ち足りた悪漢たち』

完全に大人を舐め腐っている子供たち。弄ばれる親や教師たち。そんな話がたくさん入っている。

f:id:kmetpd:20231201172429j:image

第35位

俵万智『チョコレート革命』

可愛い!

f:id:kmetpd:20231201162834j:image

第34位

マーク・トウェインアーサー王宮廷のヤンキー』 

黄色と水色の相性が良いことがこの装丁でよくわかった。背景を黄色にしたのが功績だと思う。すごく目を引く。

f:id:kmetpd:20231201172905j:image

第33位

穂村弘『ラインマーカーズ』

ほんとうにピンク、イエロー、水色、黄緑のマーカーで塗られているみたいなデザインで面白い。

f:id:kmetpd:20231201162747j:image

第32位

安岡章太郎『僕の昭和史』

初版本や、そのデザインの復刻モノは高くて買えないけど、これはたまたまブックオフで見つかった。ミントグリーンに映える金色コウモリ。

f:id:kmetpd:20231201140912j:image

第31位

手塚治虫『アイエル』

「IL」のフォントがカッコいい!

f:id:kmetpd:20231201174608j:image

第30位

坂口恭平『しみ』

パッと見てわかるセンスの良さ!断片的な視界やアイテムをコマ割りで表現するデザイン。

f:id:kmetpd:20231201172841j:image

 

第29位

穂村弘『もうおうちへかえりましょう』

カプセルホテルに居る穂村弘。メガネとジャージがPUNPEEみたい。でもPUNPEEはこんなにピタッとしたジーンズ履かない。

f:id:kmetpd:20231201172258j:image

第28位

小泉八雲『怪談』

これは『怪談』の初版本デザインのノート。おそらく椿モチーフなのかな?

f:id:kmetpd:20231201164355j:image

第27位

赤川次郎『死者の学園祭』

お母さんが愛読していて、譲ってもらった赤川次郎。中でもこの表紙は印象的だった。校舎を背後に滑空する女子生徒。

f:id:kmetpd:20231201172421j:image

第26位

森見登美彦太陽の塔

左上の太陽の塔が町を見下ろす構図。〈太陽〉の文字の後ろから後光が差しているのも芸術点が高い。

f:id:kmetpd:20231201163045j:image

第25位

平出奔『了解』

漫画『スペシャル』にハマっていたとき、作者の平方イコルスン先生が、装丁イラストを担当すると聞いて、大喜びで買った歌集。内容も面白い。

民家からカレーのにおいがただよってそれを食べることは難しい 

庭でバーベキューしてる家族がいたから見たら長男らしきひとと目が合う

食堂の蛍光灯の点滅をみんなで預言のように見つめた

f:id:kmetpd:20231201173103j:image

第24位

西加奈子「おまじない」

自分で 段ボールにクレヨンで描いた絵を、単行本の表紙に使う西加奈子先生。たくさん作品あるけど、俺はこれが一番好き。

f:id:kmetpd:20231201173023j:image

第23位

泉麻人『B級ニュース図鑑』

記事の切り抜きが浮いているみたいに見える。

f:id:kmetpd:20231201172915j:image

第22位

井上雄彦スラムダンク12巻』

背の順に並ぶ湘北高校スタメン5人。

f:id:kmetpd:20231201172834j:image

第21位

VANDA監修『オール・ザット・モッズ!』

モッズのイメージを代表する各アイテムが カッコよくデザインされている表紙。色使いも絶妙。

f:id:kmetpd:20231201162859j:image

第20位

筒井康隆『くたばれPTA』

タイトルもそうだけど、ストレートすぎて面白い。

f:id:kmetpd:20231201172943j:image

第19位

佐内正史『a girl like you 君になりたい。』

このタイトルと、渋谷直角氏の書く妄想的な文章は本当に気色悪いが、佐内氏の写真は素晴らしい!

f:id:kmetpd:20231201172230j:image

第18位

町田康「テースト・オブ・苦虫1〜4」

ひとりずつ増えていく。5巻からは単行本でしか持ってないので、これ以降の展開を知らない・・・・・・

f:id:kmetpd:20231201172222j:image

第17位

大槻ケンヂグミ・チョコレート・パイン パイン編

江口寿史のデザイン。中学生のときにジャケ買いした思い出。

f:id:kmetpd:20231201172502j:image

第16位

水木しげる墓場鬼太郎6巻』

美人の日記が気になっている鬼太郎とねずみ男

f:id:kmetpd:20231201164922j:image

第15位

『レコジャケジャンキー! デラックス・エディション』

ビートルズのメンバーそれぞれが、しっかりビートルズの名作を手に持っている。

f:id:kmetpd:20231201163505j:image

第14位

井上雄彦スラムダンク15巻』

眼光鋭い桜木花道。文句なしのカッコよさ。

f:id:kmetpd:20231201172750j:image

第13位

坂口安吾『白痴』

文字デザインも、この虚ろな目つきもたまらない!

f:id:kmetpd:20231201172523j:image

第12位

筒井康隆家族八景

人間の形のピースが、女性の背後でパズルのように組み合わさっていく。

f:id:kmetpd:20231201172932j:image

第11位

『湖畔の愛』 町田康

切り絵のようなデザイン。ホテルのフロント、ボートなど 小説中の重要な要素もしっかり拾っている。

f:id:kmetpd:20231201164208j:image

第10位

押見修造惡の華13巻』

最終巻の表紙。パステルタッチで儚げに描かれた仲村さん。1巻から6巻までくらいの装丁と、7巻以降の装丁は雰囲気・印象がまったく違う。

f:id:kmetpd:20231201180634j:image

第9位

星野源『蘇る変態』

ニセ明の後ろ姿。ニセ明のことを知らない人は、YouTubeで「ニセ明 - 君は薔薇より美しい」を検索してください。

f:id:kmetpd:20231201163349j:image

第8位

YUKI『Girly★Swing』

 JUDY AND MARYのボーカル、YUKIちゃんのエッセイ。ブックオフで買ったら表紙が汚れていたので、剥がして手持ちのステッカーを貼った。

f:id:kmetpd:20231201164531j:image

第7位

井上雄彦スラムダンク17巻』

大好きなアヤコさんが表紙を飾った巻。Tシャツが、ユニクロスラムダンクがコラボしたときに販売されそうな感じのデザインで ◎。

f:id:kmetpd:20231201172738j:image

第6位

町田康『テースト・オブ・苦虫5』

「おそれずにたちむかえ」のメッセージが胸に響く! 『レザボア・ドッグス』かのようにスーツの男たちが群れている。

f:id:kmetpd:20231201163900j:image

第5位

藤本タツキチェンソーマン』の裏表紙

チェンソーマンのコミックスは、とにかく裏表紙がカッコいい!特に12巻のアサちゃん(左)と、6巻のレゼ(右)がオススメです。早くフミコが表紙の巻が欲しい・・・・・・

f:id:kmetpd:20231201172308j:image

第4位

森見登美彦四畳半神話大系

〈私〉と〈明石さん〉や〈小津〉のイラストが目を引くが、実はしっかりと四畳半=小宇宙であることが表現されている。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのジャケットデザインで有名な中村佑介氏のイラストである。

f:id:kmetpd:20231201172216j:image

第3位

吉田修一『平成猿蟹合戦図』

ファッションジャンルのひとつであるロカビリーの用語で言うと、〈クロピン〉的な襟付きシャツを着た男がずっこけている。ズボンのステッチも細かく描かれているのも可愛い。

f:id:kmetpd:20231201140008j:image

第2位

中島らも『こらっ』

「こらっ」の文字が目を引く。おそらくこの男性は「こらっ」と言われている側である。それで「ぼくですか?」みたいな感じで、自分の顔を指さしているのである。

f:id:kmetpd:20231201173040j:image

第1位

井上雄彦スラムダンク7巻』

俺は桜木軍団が大好き。特に水戸洋平が大好き。和光中で花道と一緒に暴れていた4人は、花道が突然バスケ部に入っても、止めない。「あいつ最近、付き合い悪くね?」なんて言わずに、むしろ応援に駆けつける。さらにバスケ部で喧嘩騒動が起きたときにはターザンロープで参戦する・・・・・・最高!

f:id:kmetpd:20231201181606j:image